コラム

【家庭編】もっと暮らしをシンプルに

お知らせ コラム

みなさんは、暮らしをもっとシンプルにしたいな、と思ったことありませんか?

 

モノを極限まで減らして暮らすミニマリストに!

とまではいかなくても、溜め込んでしまったモノや、なかなか捨てられないモノを、きちんと片づけて、時間にゆとりをもって暮らしたいと思ったことはありますよね。

今日はそんな暮らしを実現するために、大切なことをお話しします。

 

 

時間がとられてしまう作業には

 

お部屋の中にモノが多いと、家事そのものに無駄な時間がかかってしまいます。

 

例えば掃除機をかけるときに、床の上のモノの片づけから始めると、無駄な時間がかかってしまいます。

 

ちなみに、みなさんは複数のお部屋に掃除機をかけるときに、部屋ごとにコンセントを抜いて差し替えていませんか?

 

我が家では、掃除機に専用の延長コードを付けています。

コンセントに差し込めば、一度に3つのお部屋が掃除できるようにしてあるので、とても便利です。

 

 

他にも、無駄に時間を取られることと言えば書類整理です。

いざ必要になったときに、どこにあるかがわからくなったり、まず探すところから始めるので時間がかかるし、見つからないことにもイライラするし。

さらに、片づけていない自分にもイライラして、嫌な気持ちになります。

 

毎日のほんの小さなことですが、部屋が散らかっているために、無駄な時間を取られてしまうし、気持ちも取られてしまいます。

 

逆に考えれば、部屋が散らかっていなければ、時間にも気持ちにもゆとりができるということなのです。

 

 

 

ゆとりが欲しい理由を考える

 

ゆとりのある人生を送るためには、一生懸命働くこともひとつですが、家の中を片づけることでも、ゆとりの時間とゆとりの心が生まれます。

 

みなさんは普段の生活の中で、時間にゆとりが持てたら何をしたいですか?

何を実現したいでしょうか?

 

実は、ここが一番大切なのです。

 

散らかっている家を片づけたい、という願望の裏には「どうして片づけたいのか」という理由があります。

さらにその先には、自分の人生で実現したいことが隠れているはずです。

 

ここをきちんと意識できれば、つまらないはずの片づけをどんどん進められます。

願望が強ければ強いほど、本気であれば本気であるほど、片づけることができます。

 

片づけって、つまらない肉体労働といえばその通り。

肉体労働だけならまだしも、気持ちまで疲れる作業。

だからこそ武器を持たずに挑戦すると、負けます、敗北します。

 

一番の武器は自分がどんな暮らし、どんな人生を実現したいかという目標なのです。

 

反対に、今こんな時代で、何をしたらいいかわからない、夢も希望もよくわからない。

そんな人は、まず家をスッキリ片づけてみてください。

きっと夢や希望、溢れてくる思いがあるはずです。

  • この記事をシェアする
  • twitter